読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO SAKE Life is

飲酒歴16年以上20年未満。2016年6月4日断酒開始。

断酒生活(37日目)〜判断基準にもなる?〜

土曜は雨だったので、近所に少し出かけたくらい。今日は妻の知り合いの家族に会いにランチに出かけた。


久しぶりに会うその人は先日癌の手術をして痩せていた。幸いにも早期だったようで、手術も上手くいき順調に回復している。

痩せているのは食生活や飲酒を止めて運動をして意図的に体重を落としたからだった。


食事の席で一瞬酒を勧められたが、健康上の理由で酒をやめている旨伝えて断った。

驚いてはいたけど「それは大変だね。健康第一だからね」と言われて以降その話題にはならなかった。


その人も付き合いで飲む機会の多い営業職の人だが、先の癌以降、酒の席でも健康の理由でお茶などで付き合うようにしているらしいが、健康の理由なのに無理やり勧めてくる人はいないと言っていた。

接待の席でも逆にその事が話のネタになって良いらしい。

元々そんなに飲む人ではないため酒を止めても全く苦ではないという。


なるほど、確かに健康上の理由にすると私も会社の少数飲みに誘われる事は無くなった。

オフィシャルな全体飲み会にはまだ出てないが、健康の理由がある人に無理強いするような輩は考えてみればほとんどいないような気がする。

逆にそういう輩がいたとすれば、そんなとんでもない人間とは積極的に距離を置きたいし関わりたくない。

まあそういう意味でもこの断酒というのは色々な相手の対応が見れてある意味では人との付き合いの判断基準にもなるのかなと思いました。