読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO SAKE Life is

飲酒歴16年以上20年未満。2016年6月4日断酒開始。

断酒生活(88日目)〜酔っていく過程〜

1週間あきました。

ちょっと仕事に家庭にと立て込んでおりましてなかなか更新が出来ませんでした。


その間に2つの酒宴の席に参加しました。

1つは会社の飲み会、もう1つは法事でした。

どちらもウーロン茶でやり過ごしました。というよりもう飲みの席でも飲みたいと思わなくなりました。

もともと欲求が薄いのかもしれませんが、場を盛り上げようと飲んでいたのが、その必要が無くなればアルコールそのものに魅力を感じなくなるのは当然の流れかもしれません。


さて素面で参加していると、人が酔っていく過程の一部始終を見ることができます。

最初は普通のトーンで話していたのが、次第に声が大きくなっていき、気持ちも大きくなって攻撃的になっていく。だいたい愚痴や不満といった話題になっていくものだ。

そしてこれが酷くなるといろいろな問題を起こす。暴力、前後不覚などなど。


最終的に問題行動まで至らなくても、愚痴や不平不満などの会話は決して素面で聞いていて気持ちの良いものではない。

酔うと人は饒舌になる。人の話を聞かなくなって自分の主張ばかり大きな声でする。

子供の頃、酔った大人に絡まれるのが嫌だった。今思えば、いつもと違う人に変わるので、たとえそれが楽しい酔い方だとしても、素面の子供から見るとどこか異様な、怖い感覚を持ち嫌だと感じる。


今飲まない素面の一人として飲み会に参加していて思う事はやはりこの子供の感覚に近い。

そうして過去の自分がいかに酷い酔狂人だったかを思い知る。

酒は飲んでものまれるな。

とはよく言ったもので、アルコールは正常な感覚を麻痺させる強い力を持っている。

飲んだらのまれる、危険性が極めて高いものなのだ。

2度と酒での醜態を晒したくない。

だからこそ日々断酒生活を今後も続けていく。