読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO SAKE Life is

飲酒歴16年以上20年未満。2016年6月4日断酒開始。

断酒生活(170日目)〜飲まないという思想〜

知人の音楽好きに影響されて、レコードを集め初めて早2年。

とはいえもともとそんなに音楽に精通しているわけでもないので、自分の好きなアーティストやジャンルを中心に気が向いた時に少しづつレコードを買っている程度。

ここ最近のアナログブームで色々なアーティストがアナログを出してくれるので、昔好きだったアーティストのアルバムがLP化されるのは嬉しい限りだ。

 

さてそんな中で最近仕事の流れからマイナースレットというUSハードコアバンドを知ることになりました。

もともと洋楽にはとことん疎いので、えっ?今さらと思われるでしょうが恥ずかしながら今さら知りました…

さてこのマイナースレット、調べてみるとvoだったイアンマッケイが「ストレートエッジ」という思想を提示した事でも有名で、その思想とは旧来のセックス・ドラッグ・ロックンロールというパンクス思想に対するアンチテーゼとして、NO smoke NO drug NO alcohol NO sexという、吸わない、キメない、呑まない、快楽的なセックスをしないという思想だという。

 

以下引用

ロックだパンクだ社会批判だ革命だと言ったところで、「だらしない大人」と同じように飲酒喫煙や薬物や自堕落な性行為、博打、フリーセックスと言えば聞き良い乱交、などに耽っているようではどうしようもないと言うことである。

ロックとドラッグとセックスでラブ&ピース的能天気なフラワームーブメント(もはや老人的懐古趣味だ)からの決別でもある。

 

まあここからさらに菜食主義、カフェインを取らないなど発展型の思想もあるという。

ただストレートエッジ思想はファシスト的な思想になる危険性もあるとも言われている。

イアンマッケイ自身は現在のストレートエッジ思想は自分が当初提唱したものとは趣旨が違っているとして共感できないとも言っているとか。

 

まあ謂れは色々あるが、個人的にはこの思想に一部賛成だ。

セックスドラッグロックンロール。それがカッコいいとされた時代はもはや過去の事で今やそんな退廃的な思想や行動は逆にダサいというのが今の若者にも共通しているところなのだと思う。

だらしなく腹が出て、醜態をさらけ出し、酔って迷惑な行動を起こす。

うるせ〜酒のない人生なんて糞食らえ、破天荒はカッコいいんだ!

なんて思ってる節があるのが今のアル症予備軍の中年達だろう。自分もそうだった。

どうにでもなれという退廃的な事を良しとしていたように思う。

しかしそれは現実から逃げているだけに過ぎない。

 

もちろん呑まない事が良いとか偉い訳ではなく、酒も嗜好品として適度に楽しめるならそれは素晴らしい事な訳で、そこを否定するのは違うと思う。

結局は人に迷惑をかけずに嗜めればそれに越したことはない。

あとは自分自身の健康と相談してうまく付き合っていけば良いのだから。

 

少なくとも退廃的な思想で人に迷惑をかけるような前時代的な時代錯誤な思想よりはこのストレートエッジの思想の方がはるかに良いと私は思う。といって自戒が行き過ぎて、禁欲的になりすぎるのには賛同できない。